Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

炭水化物を抜くことで起きる身体への危険とは

女性にとりダイエットは大切なことなどですが、

ダイエットをする事に関してストレスになってはなんにもなりません。

食事面においても、ジュースやお菓子を食べないということは1番に意識はしたいものです。

おすすめの食べ物として、

プレーンヨーグルトに甘みのあるパルスイートでしたら、糖質の面でも大丈夫です。

勿論ダイエットに繋がります。

甘いけれどアミノ酸補給もできるものです。

ダイエットには、脂肪をおとして、筋肉をつけたいものです。

空腹時に糖質のものを食べることは、血糖値があがり脂肪になりやすいのです。

ダイエットには、食事をたべる順番もあります。

野菜→肉→スープ類である程度おなかを満足させてから、

やっと炭水化物をとるなどの方法で、

進めると血糖値はあがりにくく脂肪となりにくいのです。

また炭水化物をとらないと痩せれると思っている方もいらっしゃるかもしれません。

炭水化物は、人間にエネルギーの源なのです。

体に摂取することで水と炭酸ガスとに分解されますが、

その過程でエネルギーをうみだします。

毎日お茶碗1杯程度のご飯はとるようにしてください。

炭水化物不足は、

脳の働きなどにも支障がおきたり、肌荒れ、疲れやすくなったりもします。

また肝臓では解毒作用の低下なども起きてしまうのです。

無理をしないでのダイエットをしたいものです。

肝臓で食べたものを浄化してくれないと、

あなたの体内をめぐる血液が悪い状態になり、

肌の血色が悪くなったり、肌荒れが起きてしまったりと、

ダイエットでキレイを目指していたはずが、

ダイエットで汚い状態へと陥ってしまいかねないわけです。

炭水化物を抜くことで、短気的に痩せることができるかもしれませんが、

それはある意味、諸刃の剣と言えるでしょう。

やはり、健康的に痩せることが一番いい方法ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする